日々のレシピ

旅好きな私が、日々の暮らしの中で出会った、何気ないけど心動かされたものたち

お料理教室

Hikaru先生のお料理教室 4月

更新日:

sbP4114779

4月は筍の扱い方を習いました。
スーパーで水煮を買ったことあるのですが、
香りがまったくなかったのです。

筍は自分の家で湯でゆるが一番ですね。

<お献立>

☆食前酒 ライチ・ジンジャー

☆小さな三品 笥の本の芽揚げ
うすらピータン豆腐
生ハム文旦

sbP4114818

筍の煮物をいっぱい作った次の日のリフォームに。
うずらの皮蛋はまったく癖がありません。
皮蛋が苦手な旦那さんも大丈夫でした。

前菜

☆鯛サラダ
中華風の鯛のおさしみ。
ピーナッツオイルとその他をかけてまぜまぜ。

sbP4114810

sbP4114823

sbP4114825

シンガポールの旧正月では定番でした。
混ぜるとき、周りにいっぱい飛び散ったほうが縁起がいいからと
かなりちらかるのですが、

ここは日本、Hikaru先生の細い手で優雅にまぜて
美しく盛ってくださいました。

aP4114831

☆ 牛肉の北京ダック風
春餅をみんなで作りました。これはおいしい。
冷凍できるとのことなので、一気に作って保存しておきます。
Hikaru先生オリジナルの甘味噌だれもくせになるお味です。

sbP4114834

☆笥ごはん

☆新わかめ入り卵豆腐椀

☆ふき青煮

箸袋

P4114847

扱い方がいまいちわからなかったふきですが、
これからはもう大丈夫。

sbP4114836

Hikaru先生のタケノコご飯は
筍だけの男前

sbP4114839

そしてデザートのクレーム・ブリュレ
コックリしていてほんとうにおいしいのです。
これがおうちで作れるとは。
バーナーをすぐ買いに行きました。

sbP4114849

今月もいろいろ教わりました。
春餅はお客様の時も見栄えがするので助かります。

来月も楽しみにしています。

金太郎

-お料理教室

Copyright© 日々のレシピ , 2017 AllRights Reserved.